tel:0120-996-387

手軽さで人気!レンタルオフィスとは?

最近注目されている、貸事務所の一種「レンタルオフィス」は、これから起業を考える人や小規模の企業を経営する人にぜひおすすめです。その理由は何か、レンタルオフィスの特徴について紹介しながら解説していきます。

レンタルオフィスは、賃貸オフィスよりも短い期間貸し出されているオフィススペースです。賃貸オフィスは内装や家具など必要な物を自分で揃える必要がありますが、レンタルオフィスには借りてすぐに事業が始められるだけの設備があらかじめ整えられています。また、管理業者に払う保証金も賃貸オフィスと比べるとかなり低額なため、特に初期投資を安く抑えたい利用者に人気が高い貸し物件の形態です。

更にレンタルオフィスは都市中心部に立地している場合が多いのも特徴です。事業を始めたばかりで資金に乏しくても、レンタルオフィスなら好立地に拠点を構えて業務を行うことができます。
そして、レンタルオフィスなら業務が拡大してスペースが手狭になっても、簡単により広いオフィスへの移動が行えます。

もちろんレンタルオフィスなので設備は先に整っているため、後は人数や規模に合わせてオフィスを選ぶだけでいい手軽さも魅力の一つです。
こうしたメリットから、レンタルオフィスは起業家を中心に注目を集めています。

レンタルオフィスには完全な個室タイプから場所だけを借りることができるタイプまで、豊富なタイプがあります。
個室タイプは通常の事務所と同じ形態で、個室内に専用のデスクとチェア、電話などが揃っているレンタルオフィスです。料金は面積によりますが、例えば1ヶ月で5~6万円程です。このタイプは多くの場合ドアがロックできたり、入退室を管理するシステムが付属していたりするので、レンタルオフィスといえどもセキュリティー面は充実しています。

場所だけを借りるタイプは「フリーデスクタイプ」とも呼ばれます。デスクの間をパーテーションで区切り、個人が集中して作業できるようにしてあるオフィスや、会議室として大部屋が使えるオフィスまで様々です。会員登録すれば誰でも気軽に使える場合が多いので、フリーランスの作業場としても人気があります。料金は1ヶ月1~2万円程が目安です。

そして、実際にそこで業務を行わず、電話の応対や郵便物の受け取り・転送などのサービスだけを受けられる「バーチャルオフィス」も、レンタルオフィスの一種です。
業務形態や人数などに合わせてレンタルオフィスのタイプを選べば、不要な備品の購入や、業務を行わない時間もオフィスを確保しているといった無駄を省くことが可能になります。

レンタルオフィスの注意点。手軽さの中にあるデメリットとは?

まずレンタルオフィスによっては、一つのフロアをパーテーションで区切って複数の事業者が利用していることがあります。そうした場合には情報の漏えいや騒音の問題が起きやすいので、周囲とのトラブルが発生するかもしれないというデメリットに注意しましょう。

また、こうした形態のレンタルオフィスの多くは会議室やミーティングスペースが共有です。そのため、空き状況をあらかじめ把握しておかなければ、必要な時に使えないこともあります。利用している事業者が他にも多くいる場合には特に、スケジュールが決まったらすぐに部屋を確保することをおすすめします。

更に、突然レンタルオフィスが使えなくなってしまうリスクもデメリットの一つです。レンタルオフィスの管理会社が倒産、または事業から撤退した場合には、借りている側も退去しなければいけません。
このようにレンタルオフィスは、手軽に利用できる反面、思わぬアクシデントや不都合に見舞われる可能性があることも考えておきましょう。

レンタルオフィスを有効利用しよう!

多少のデメリットはあれど、初期費用を大幅に抑えられ、効率的に利用できるレンタルオフィスは非常に便利です。
また、オフィスによっては設備が整っているだけでなく、オプションで秘書代行や電話受付など様々なサービスを受けられることもあります。

レンタルオフィスを検討しているなら、業務に何が必要で何が不要かをリストアップすると、最適な場所を選ぶことができるでしょう。