tel:0120-996-387

経理事務業務

本来のコア業務ではない様々な周辺業務を代行してくれるのが事務代行サービスです。周辺業務を外部に委託することは自社の経営資源をコア業務に専念することや業務の効率化、コスト削減などにつながります。そこで今回は、そんな事務代行サービスで委託できる業務にはどのようなものがあるのかご紹介しましょう。

経理業務はどのような企業でも必ず発生する業務ですが、取引データの記録や入金の管理など、その業務内容は多岐に渡ります。これらの経理業務は煩雑なものも多いので、コア業務が忙しくてなかなかそこまで手が回らないという人も多いでしょう。とは言えそれだけのために社員を雇うことができないということもあるかもしれません。

経理事務の中でも主なものとして挙げられるのは、記帳代行です。領収証や通帳コピー、請求書の取引記録を会計ソフトに入力します。会社によってはオプションとして部門別記帳や経営レポートなどを行ってもらえることもあります。

また請求書を預けることで支払予定表を作成してもらい、振込先を入力する業務を代行してもらうこともできます。この場合には多くの会社が万全のセキュリティー対策を整えているので安心です。

そのほか決算書の作成や法人税申告なども事務代行で依頼できる経理事務です。代行会社によっては社内に税理士がいたり、税理士と提携していたりしているので個別に税理士を探す必要はありません。

人事事務業務

社員の給与計算のほか、採用と入退社手続などの人事業務をアウトソーシングすることができます。特に煩雑な給与計算事務については慣れていなかったり得意でなかったりすると多くの時間をとられてしまうもの。代行会社に依頼することでそのために費やす時間をコア業務に集中することができるでしょう。

また多くの事務代行業者では厚生年金や健康保険、労働保険に関する各種書類の作成なども依頼することができます。保険関連は法律が改正されるとその内容なども変わってきますので、専門的知識を備えているスタッフを雇う必要があります。

これらの事務代行を請け負っている会社では社内に社労士の資格を持つ人材を擁しているか、あるいは社労士との提携を行っていますので、人事担当の社員を雇わなくても専門的な視野からのアドバイスを受けることができるでしょう。人事事務や総務事務をアウトソーシングして効率化することは、業務量のバラつきの軽減や最適な人員配置にもつながります。

営業事務業務

営業活動や販売活動を行う際にも様々な事務作業が発生します。これらの事務作業をアウトソーシングすれば、営業担当の社員はその分受注活動に専念することができるでしょう。営業事務代行には、事務員が会社から派遣されて営業と同一場所で行う業務と、標準業務を事務代行会社側で行う業務の2種類があります。事務員が派遣される業務は主に契約書や見積書の作成などです。一方で事務代行会社側で行う業務は受注伝票手配や請求書の発行、発送代行などです。

また営業だけでなく、販売製造元に代わってフロント対応からバックエンドまでの販売支援業務を行っている会社も多くあります。この場合の主な業務はアカウント対応や見積もり作成、問い合わせ対応などの製品販売に必要な業務の支援です。そのほか受注データ集計や分析補助作業も行ってくれます。営業活動や販売活動よりも研究開発やプランニングの方に力を集中したい、という会社の経営者におすすめです。

事務代行に依頼してコア業務に資源を集中させよう!

わざわざ専門の社員を雇うほどではないものの面倒な事務が多いという人や一人で会社を回しているので事務まで手が回らないという人は、その作業を事務代行会社にアウトソーシングするとよいでしょう。

昨今はビジネス環境の変化の激しさがますますスピードアップしているので、競争力を強化するためにはコスト削減や労働力補完、サービスの向上が必要です。そのためにもコアではない周辺業務の一部は一括して外部に委託するのがおすすめです。