tel:0120-996-387

〈都市部〉社員の流出が激しい!?事務代行で教育時間を削減!

「人員が足りない」「事務作業が面倒」と悩んでいる人は、事務代行を利用するのが得策です。優れた知識と技術を兼ね備えたスタッフが、企業運営に必要な事務作業を代行してくれるため面倒な手間が省けます。今回は大阪における事務代行の特徴を紹介するので、利用する時は参考にしてください。

大阪は日本の首都である東京に次いで発展している地域で、ビジネス・ショッピング・グルメなどあらゆる分野に長けています。エリアによって発展している事業が異なるため、事務代行の特徴も地域ごとに違いがあります。

難波や梅田をはじめとするビジネス街は膨大な数の社員を抱える企業が目立ち、就職希望者が比較的多いです。求人募集を出せばある程度の人数が集まる一方で、辞める人が多い特徴もあります。多くの人が働いているのは、それだけ退職者を出すリスクが高いことを意味するのです。そのため人員が足りない、新しい人材を確保してもすぐに辞める、仕事の方法を教える手間がかかるといった問題が生じています。

そこで事務代行を依頼すれば人員不足を解消し、退職のリスクを低くできます。さらに、事務代行業者のスタッフは仕事内容の基本を把握しているので、面倒な教育の手間と時間を省くことも可能です。事務作業に割いていた時間を、メインの業務に充てられることがメリットとなります。このように都市部では社員の退職による業務の遅れを悪化させないために、事務代行を派遣社員のように使っていることが特徴です。

〈田舎〉求めている人材が確保できない!

一方の田舎では社員の少ない中小企業がメインで、1度就職したら働き続ける人が多いため都市部のように社員の流出が激しい問題は生じにくいです。しかし、就職希望者が少ないので、求めている人材を確保できない問題が浮上しています。人員が確保できるまでの期間は、在籍している社員が作業の効率化や残業によって足りない分を補う必要があります。

また、退職率が低い分、社員の高齢化が目立っていることが特徴です。特に管理職や経理部門をはじめとする、企業の重要なポストで高齢化問題が多く見られます。事務作業はパソコンを使う業務が多く、「パソコン操作が分からない」「事務作業に時間がかかる」と悩んでいる企業が多いです。

現在のまま効率の悪い事務作業を続けるよりもルーティンワークはアウトソーシングして、重要な事業だけ自分達のノウハウを生かした方が効率が良くなります。事務代行のスタッフから事務作業のノウハウを学ぶことも可能です。田舎では人員不足と作業の効率化を目的に事務代行を依頼するケースが多く、都市部とは少し違った利用方法と言えるでしょう。

バリエーション豊富な事務代行サービスが展開されています

都市部と田舎で違いがあるものの、大阪は全体的に見て事務代行の需要が高いです。そのため数多くの企業で事務代行を経験した、実績豊富なスタッフが多い特徴があります。さらに、需要が高い大阪では事務代行業者が非常に多く、バリエーション豊富なサービスが展開されています。

見積書や契約書といった書類を作成する、またはデータを入力して毎月の収支をまとめるのが一般的なサービス内容です。大阪では通常サービスに加えて書類整理・ブログ更新・給与計算といった、あらゆる業務に対応しています。

他の業者と差別化を図るために、ユニークなサービスを行っていることも大阪ならではの特徴として挙げられます。代表的な例が「訪問型事務代行サービス」です。事務代行は必要な書類やデータをパソコンで送って、作業自体は業者のオフィスで行うのが主流になっています。つまり、依頼者は作業している様子をチェックできないということです。

しかし大阪では安全性をアピールするためにスタッフが依頼者の企業へ訪問して、社員と同じ場所で作業するケースが多く見られます。

事務代行は企業の発展を促す便利なサービスです

事務代行は人員不足や社員の高齢化といった、さまざまな問題を解決できる便利なサービスです。余分な作業時間を削減することで、企業の発展に力を入れることができます。大阪は優秀なスタッフが多い分、信頼できる業者を見極める必要があります。

実績が豊富で料金が分かりやすい業者は、安全性が高いと判断できるでしょう。返金保証制度や無料見積もりといったサービスを展開している業者もあるので、事務代行を利用する時は是非活用してください。