tel:0120-996-387

事務代行ってどんなことをしてくれるの?

中小企業を経営している人のなかには、事務仕事の多さに頭を抱えている人もいるでしょう。しかし正社員として事務員を雇うにはお金がかかります。しかし事務代行業を依頼することで、事務作業にかかる時間が短縮されるのを知っていますか。そこで今回は大阪の事務代行について、その価格も交えて紹介します。

事務代行ってどんなことをしてくれるの?

事務代行とは、事務員を雇うほどでもないが、一人でやっていては事務までに手が回らない中小企業などの事務を代行します。事務全般ではなく、手が回らないと感じている給料計算や経理だけを依頼したり、仕分けや書類整理だけであってもお願いできます。

また、企業において、経理の担当者が突然入院してしまった場合や、急に退職してしまった場合などで、経理をする人材が足りない一定期間だけ、経理の事務を依頼することも可能です。事務代行業者によっては新しい人材探しのお手伝いをしてくれるところもあります。

さらに細かい事務手続きが面倒であると感じているひとには、社会保険や労働保険、会社設立のための事務手続きなどの代行も依頼できます。個人事業主である場合には領収書の整理から頼めるといった、非常に幅広いシチュエーションでの業務をこなしてくれるサービスです。大阪にもいくつか事務代行業者があり、多くの事業主からの支持を受けています。

事務代行の価格は仕事内容で変わる

事務代行では、仕事内容によって料金が異なります。たとえば大阪で記帳代行サービスを行っている会社では、会計ソフトに入力するだけのコースであれば、月額1,000円程度です。

この場合には、現金出納帳は自分で作成する必要がありますが、非常に安くおさえられ、手間が省けると人気があります。現金出納帳の作成も依頼する場合には、月額1,500円程度かかります。領収書や請求書、通帳のコピーなどを送るだけで記帳ができるため、手間と時間が短縮されるでしょう。

請求書の発行を依頼する場合は10件まで約1万円ほどで可能です。請求書の発行は基本的に月1回ですが、飲食店などで月に複数回にわたって請求書を発行する場合でも対応してもらえる場合があります。

会社の役員や従業員にお給料を支払うための給与計算では、1カ月につき、一人当たり1,000円程度が相場でしょう。給与明細を個別の住所に郵送する場合でも10人までで1カ月あたり5,000円程度です。

プランを一緒に検討することで経費削減も可能

事務代行を考えてはいるけれど、どの程度まで代行を依頼すべきか迷うこともあるでしょう。事務代行業者によっては、事業者ごとに適したプランをを無料で提案してくれるところもあります。

事務代行は、全てを代行業者の事務所で代行するものと、依頼者の会社で代行するもの、依頼者の会社で経理がスムーズに行えるようにサポートするものなどから選べます。事務代行業者に相談することで、どのプランが最適であるかがわかるでしょう。相談に不安がある場合でも、守秘義務がきちんと守られている所が多いため、安心して相談ができます。

また、現在の経理状況を相談することで、会社の状況を診断し、どうすれば経理にかかるコストが削減できるのかといった診断もしてもらえるところもあります。現在の経理の状況を把握するいい機会にもなるでしょう。事務代行業者への相談は、電話やメールなどでも気軽に行えますので、一度問い合わせてみるのをおすすめします。

事務代行を利用して生産性をあげよう。

面倒な事務仕事にかかる時間を短縮させることができる事務代行は、中小企業にとって非常に役に立つサービスです。価格も非常に手ごろであるため、大阪でも依頼している会社も多くみられます。

事務代行を依頼することで、空いた時間に営業を行えるなど、会社の生産性を上げることにも期待できるでしょう。また、経理の問題を診断してもらうことで、経費の削減も可能です。事務代行には多くのメリットがあります。気軽に相談してみるのがいいでしょう。