tel:0120-996-387

トランクルームの目的

毎日の生活の中で購入をしたものがどんどん増えてしまうけれど、自宅に保管しきれなくて困っているという人も少なくありません。そういった人に人気となっているのが、近年需要が伸びているトランクルームです。そこで今回は、トランクルームの特徴とおすすめの利用方法についてご紹介します。

トランクルームとは契約者が経営している会社にお金を払って荷物を預かってもらうサービスのことを言います。トランクルームを経営するには国土交通省に登録をして認可を受ける必要があるため、会社としての信頼性は高く安心して利用できるのが特徴です。

荷物の出し入れは会社によっては業者が行なってくれることもありますが、基本的にはその会社のスタッフの立会いの下で自分で出し入れするのが一般的になります。
こういったレンタルスペースを利用する上で心配になるのがセキュリティー面です。荷物の管理や盗難などの安全はそれぞれの会社が独自にセキュリティー会社と契約をしたり防犯カメラによる24時間の監視などを行なっています。

そのため、美術品や高額な電化製品のような貴重品を預ける場合はより質の高い警備が行なわれている会社を選ぶのがおすすめです。そのほかにも防塵、防虫や空調完備といったサービスが充実している会社もあるので、自分の預ける荷物に合わせた幅広い借り方ができます。

屋外型トランクルームの特徴と利用の注意点

一口にトランクルームと言っても大きく分けて屋外型と屋内型の2種類に分けられています。その中でも屋外型のトランクルームは広いスペースを利用できるのが特徴です。会社によっては大手物置メーカーの物置を使用しているケースもありますが、貨物用のコンテナなどを使用するのが一般的となっています。

屋外型は利用料金の安さも特徴の一つで、広いスペースをリーズナブルな値段で使用することができる点も人気の理由の一つです。この利便性の高さから個人から企業まで利用者は幅広く、自転車やゴルフバッグといった自宅に置いておくには場所を取るような物や、仕事の資材を一時的に預ける使い方が多く見られます。

しかし、屋外型は基本的に誰でも気軽に敷地の中に入れるため、屋内型に比べると若干セキュリティー面で劣るので注意が必要です。そのほかにも、コンテナは気温や湿度の影響を受けやすいことから、湿気に弱い電化製品などを預けるには不向きとも言えます。

屋内型トランクルームの特徴とメリット

利用のスペースの広さよりも安全面を重視してレンタルしたと考えている人は、屋内型のトランクルームがおすすめになります。こちらは文字通り建物の中にあるスペースを利用したトランクルームで、防犯や安全対策の充実が魅力です。屋外型が誰でも敷地内に気軽に入れるのに対して、屋内型は大手セキュリティー会社と契約しているケースが多く、入退室に対しての管理を厳しく行なっています。

そのため、部外者はもちろんのこと、契約者であってもむやみに建物内をウロウロすることはできません。こういった安全性の高さから屋内型トランクルームは女性にも人気があります。
利用できるスペースは屋外のコンテナタイプに比べて若干小さい反面、自宅の一部屋程度の小さいスペースを数千円程度で借りることもできるのが特徴です。

中には空調の完備がされている会社もあることから、食べ物や美術品といった保管条件が限られている物を預ける場合は屋内型トランクルームがおすすめになります。

需要の増加に伴って、いろいろな会社がトランクルームのサービスを行なっていますが、会社によって料金も違えば借りられるスペースも違います。借りる人の中には自宅からの距離や料金だけで契約をしてしまって借りてみたら荷物が入らなかったというケースも少なくありません。

そういった失敗をしないためにも、複数の会社から見積もりを取って料金を比較するのはもちろんのこと、事前に見学をしてスペースを確認しておくことが大切です。