tel:0120-996-387

基本中の基本!レンタルオフィスの基礎知識

大阪はビジネスエリアとして発展している地域なので、レンタルオフィスの需要が高いです。エリアによって値段が大きく異なるため、事前に知識を蓄えておくことが重要と言えるでしょう。今回は大阪に着目して、レンタルオフィス事情を探ります。

レンタルオフィスは一時的にその場所で業務を遂行したい時に便利なサービスで、専門業者から住所や仕事スペースを借りることができます。長期間宿泊施設に泊まるより安く済むケースもあるので、人気が急上昇しています。特に大阪は他の地方から訪れる人が多いビジネス街で、数多くのレンタルオフィスが展開されていることが特徴です。

レンタルオフィスは、主に立地とデザインによって価格が決定します。ビジネス街として発展している地域の物件ほど価格が高く、費用を抑えたい人は利便性に優れたビジネス街周辺エリアにするのが得策です。周辺地域にするだけで大幅に賃貸料が下がるケースが多く見られます。

広くて高級なインテリアを使用している物件は価格が高い傾向にあり、内覧してオフィスのデザインを確認することが大切です。デザイン性の高い物件は来訪者に好印象を抱かせるメリットがあり、レンタルオフィスは自分の目的に合った予算とデザインの物件を選ぶことがポイントです。

エリア別に見る大阪のレンタルオフィス価格

大阪で最も価格が高い傾向にあるのは、ビジネス街の拠点となっている梅田駅及び大阪駅周辺です。数多くのオフィスビルがあり、駅から近い物件が目立っています。利便性に優れているので人気が高く、梅田駅や大阪駅に事業を行いたい人は早めにレンタルオフィスを探すのが得策です。

月額料金は20万~70万円と非常に幅広く、予算を決めてから物件を探した方が良いでしょう。少人数向けの小さな物件であれば、10万円未満のリーズナブルな価格を提示している業者も存在します。

心斎橋や本町といったビジネス街から少し離れる場所なら、5~15万円程度で借りることができます。低価格を重視している物件は月額料金3万円前後の物件もあり、費用を抑えたい人に最適です。

心斎橋は商業施設として発展し、オフィスビルは少ない傾向にあります。そのためレンタルオフィスの価格は、本町とほとんど変わりません。オフィス街の周辺地域でオフィスを借りる時は、交通費まで考えて物件を決めることが大切です。

月額料金以外にかかる費用

レンタルオフィスには机や椅子といった仕事に必要なアイテムは揃っていますが、都合に合わせてオプションを付けることができます。つまり、月額料金とオプション料金を合計した価格をチェックするのが重要ということです。

会議室を利用する時はその都度追加料金を支払うケースが多いため、事前に確認する必要があります。利用する時間の長さと会議室の広さによって価格が異なり、午前中の方が安くなります。料金は1時間で1000~1500円の価格を提示している業者が多いです。

契約時に支払う費用として、敷金・入会金・保証金が挙げられます。敷金と入会金は、月額料金の1~3ヶ月分を支払うケースが一般的です。一般的なオフィスなら保証金は月額料金の3~12ヶ月を支払うことが多いものの、レンタルオフィスなら0~3ヶ月分で済みます。

大幅に初期費用を節約できることが、レンタルオフィスの人気が高まっている秘密です。その他に電話や事務の代行、秘書を設けるなどの人的サービスをオプションで付帯させると追加料金がかかります。

自分の目的に合ったレンタルオフィスを探しましょう!

大阪はビジネス街として発展している地域と、そうでない地域の差が激しい傾向にあります。このような特徴があるため、地域によってレンタルオフィスの価格はさまざまです。事前に予算やデザインを決めて、自分に合った物件を探すことが重要となります。

また、人的サービスや会議室利用といったオプションは、メインサービスに含まれている業者も存在します。レンタルオフィスを使う時は価格だけではなく、月額料金で利用できるサービスまでチェックすることがポイントです。