tel:0120-996-387

代わりに電話に出てくれる電話代行とは

事務所に人が少なく、電話応対に困っている…電話番だけに人を雇っては、経費が掛かり過ぎてしまいます。そのような事業者のために電話代行サービスはあります。ビジネスが盛んな大阪では、電話代行の相場はいくらくらいなのでしょうか。

電話代行サービスは、会社にかかってきた電話やE-mailを、代わりにオペレーターが対応してくれるサービスです。電話代行のサービスの活用方法は主に2つあります。
1つ目は事務所の電話を応対してもらえることです。

もし電話の相手が新規顧客であれば、電話対応ができないとビジネスチャンスを逃してしまう可能性があります。また、既存の顧客の場合は、なかなか電話にでないとストレスを感じてしまうでしょう。電話代行サービスに転送をして、応対してもらうことで、顧客にストレスを与えるリスクを軽減できるでしょう。

2つ目は求人などの問い合わせ窓口として活用する方法です。顧客からのお問い合わせは、企業にとって大切な業務ですが、そればかりに時間を割いていると、業務に集中することができなくなる可能性があります。専用のお問い合わせ連絡先を用意し、電話代行業者に応対してもらうことで、自社で対応する手間を軽減することができるのです。

電話代行サービスのメリットとは

電話代行のメリットは3つあります。
1つ目は顧客に安心感を与えることができます。自分が電話をかけた側の場合、電話をしたのに、何コールしても相手が出ないとイライラしてしまいます。電話にでられない状況が続くと、相手の気分を害して信頼を失ってしまう可能性があるのです。電話代行を活用すれば、オペレーターが対応してくれるので顧客のストレスを軽減し、満足度を上げることが期待できます。

2つ目はコスト削減が期待できます。電話代行サービスは月額数千円から数万円で利用することが可能です。しかし、電話応対専用のスタッフを1名雇うと、安くても月に十数万から二十数万かかる可能性があります。会社にかかってくる電話の本数が少ない場合、人件費が無駄になってしまうのは経営上避けたいでしょう。

3つ目は時間に余裕ができ、仕事の効率が上がる点です。電話応対に時間がとられないので、事務所をあけることや重要な商談や仕事に集中することができます。電話代行を使い、緊急性のある連絡だけ対応することができれば、仕事の効率をあげることができるでしょう。

大阪の電話代行の相場っていくら?

大阪の電話代行サービスは、サービス内容によって価格は違ってきます。基本的に電話がかかってくる件数によって料金が変わり、会社にかかってくる電話数に応じたプランを契約するのが基本です。安いプランでは、月額3,000円から5,000円程度のプランが用意してあります。

安いプランの場合、1コール辺りの値段が200円から300円程度が相場です。月額料金が高くなるにつれ、1コール辺りの値段が安くなります。もし指定された電話件数を上回る場合は、超過料金がかかってしまうので、会社にどれくらい電話がかかってくるかを、しっかりと把握しておきましょう。

また、外国語対応であったり、対応に専門性が高い電話対応に関しては月額価格が高くなる可能性があります。各社でさまざまな電話代行サービスを提供しているので、会社の業務にあわせたプランを選ぶのが良いでしょう。

オプションなどを組み合わせると、月額が5万円以上と高額になってくる場合もあります。申し込む前に、お問い合わせをして自社に合った見積もりを出してもらいましょう。

値段やサービス内容を確認して電話代行を利用しよう

電話代行を選ぶときは、代行を依頼する目的や、電話応対の質、必要なサービスを把握してから依頼するようにしましょう。もし、会社に合っていないプランを選んでしまうと、コストがかかってしまったり、会社のイメージに合わない電話応対になる可能性があります。
上手に電話代行を活用し、ビジネスを円滑に進めていきましょう。